専業主婦が資格 ?迷った時はコレ!おすすめ4選

こんにちは Rikkoです。

「専業主婦が資格を取っても 何の役にも立たない」っていったい誰が言ったんでしょうね。

うちの父だった気がします

私は 基本的に 何の役にも立たない事なんて ないと思ってます。どこかで何かの役に立っているんです。

専業主婦が一念発起して スキルや資格に挑戦するのは 並大抵のことではありません。でもここからスタートして 自分の望むライフを手に入れた主婦はたくさんいます。

暇すぎて 自分の存在価値に自信がなくなった時、時間はあるけどお金はなくて でも働きに行けない時、専業主婦が八方塞がりになった時 助けてくれるのは 時代に合ったスキルや資格です。

そこで専業主婦は挑戦しやすく 年をとっても稼げる、もしくは生きがいとなるような資格やスキルを探してみました。

どんなスキルや資格があなたを助けてくれるのか 資格を取るにはどんな勉強をすればいいのか ご紹介していきましょう。

専業主婦におすすめの資格やスキル4選

 

ウェブデザイン

インターネットビジネスの人気で 需要が増えているウェブデザインは 今最も注目のスキルです。年齢に関係なく将来的にも主婦が活躍できる業種です。

資格

資格がなくてもスキルがあれば 仕事ができます。ウェブデザイナーとして活躍している方のほとんどは「ポートフォリオ」という自分の作品集を作っていて 資格よりも「ポートフォリオ」を名刺代わりに営業しています。

ただ全くの未経験者が まず基本を学ぶ方法として一番簡単な「ウェブデザイン技能検定3級」を受けるのもいいかもしれませんね。 初心者でも1か月程で取れる資格なので 基礎を学ぶには 最適です。

独学でも教材やネットなどで スキルを取得するのは可能ですが つまずいた時に聞ける環境を作っておかないと 続きません。

費用

受講期間、通学か通信教育などスクールの形態でかかる費用も変わってきます。

1か月、3か月、6か月などが受講期間が選べて 大体平均するとスクールの費用が 15万円から60万円くらいです。

仕事内容

企業のホームページ、飲食店や美容院のホームページ、 ネットビジネスの広告ページの作成 アドバイスなど

ウェブ製作やアプリ開発もウェブデザイナーの活躍できる場所になっています。

報酬

平均年収は約300万から400万くらいですが フリーランスで働く場合 実力に応じて 給与や報酬は様々です。

在宅でも働けるのは 主婦にとっては助かりますよね

 

映像字幕

主婦の習い事 ナンバーワンの英語。Google翻訳では 表現しきれない微妙な意訳も多いので日本語スキルも必要とされています。 実際 活躍しているフリーの映像翻訳者も主婦が多い業界です。

資格

映像翻訳になるために資格は要りませんが 仕事をもらえるエージェンが推奨している講座を受講したり トライアルと呼ばれるプロになるための登竜門をくぐらなくては仕事はもらえません。

英語翻訳は もちろんですが  映像を字幕に合わせた「ハコ切り」の作業や 音声が出る少し前に字幕を表示するように設定する「スポッティング」という作業も含まれるので スキルを習得するために 個人差がありますが 平均して1-2年の勉強時間が必要になります。

 

費用

講座の回数や通学 オンラインとでも 金額は異なりますが 平均して半年で15万から25万円ほどです。

学校で字幕製作ソフトをレンタルしくれる場合(有料)もありますが 実際 仕事を受けるとなると 自分でソフトを購入しないと 受注できない場合がほとんどで ソフト購入費用は 約20万程になり2年目からは利用チケットを購入するようになります。

 

仕事内容

海外の映像動画 (映画 ドラマはもちろん、ウェブニュース、企業のPR映像、商品の説明映像、など コンテンツは多種多様です。)に字幕を付ける作業(ハコ切り、スポッティング)および翻訳。

英語の聞き取りが得意な方は 英語を聞いてスクリプトを作る「文字起こし」という仕事もあります。

英語力がイマイチな場合でも視聴覚障害者のための字幕製作も同じエージェントで請け負っている場合もあります。

 

報酬

駆け出し翻訳者で 45分のドラマ一本で 8000円から15000円程度。

(金額だけ聞くとまあまあ、、と思うかもしれませんが 最初のうちは ドラマ1本 こなすのに 1日5-6時間作業をして 1週間くらい しっかりかかります。)

残念ながら 最初は作業量に対して発生する報酬はかなり安い業界ではあります。

ただ ベテランになると 高額案件しか受けないというプロもいますので 実力と経験で報酬は雲泥の差になります。

報酬よりコンテンツによって学べる事、英語を勉強するという自分の知識を高めることに喜びを感じる人も多くいます。

また映像翻訳だけではなく ビジネス文書の翻訳なども一緒にできると報酬はかなり良くなります。

報酬の額よりやりがいの要素が強い気がします

 

ファイナンシャルプランナー(FP)

 

家計をやりくりしていると 実は勉強したくなるファイナンシャルプランニング。賢くマンションを買い替えたり 老後の資金を考えたり と数字だけではなく実際の暮らしに密接しているので 資金運用など役立つ情報が 学べます。

資格

未経験者は 独学でも取得が可能な FP(ファイナンシャルプランナー)3級は 比較的取得が簡単な国家資格です。

プロとしてやって行くには2級が欲しいところですが 3級合格後、 2級を取得するケースが一般的で すでに 不動産や損保などの業界で経験がある方のキャリアアップとしてFPの資格を受験する方も多いのが特徴です。

費用

3級は独学で とる方が多いようですが 市販の教材で 勉強するなら 数千円で取得可能です。

通学 または通信講座となると 3万円から6万円程で 受講回数によって変わってきます。

また 2級と3級のセット価格もあるので 一気に取ってしまいたい方は このコースが おすすめですが 10万円から13万円程と少しお高めです。

 

仕事内容

人生を通してのライフプラン(生涯生活設計)を考え、課題を明確化し、解決する手伝いをするのがファイナンシャルプランナーの仕事です。

また個人や中小企業の相談に応じて、顧客の資産を分析し、ライフプランやニーズに合わせた貯蓄、投資、保険、税務、不動産、相続・事業承継等についてのプランを立案し顧客にアドバイスします。

 

報酬

働き方や 務めている業種によって年収は様々ですが 平均して年収は300万から600万です。給与のたかい業種は不動産業に努めるFPです。

フリーランスになると報酬も様々ですが 相談料は1時間5000円から1万円、またライフプランや資産運用計画などのプラン作成は3万円くらいが平均です。

老後の資金プランもそろそろ考えなくては、、、。

 

ネイリスト

若い子だけの職業のようなイメージですが 実はお客様も主婦が多いので 施術者も年齢が近く 落ち着いた雰囲気の施術者を求めるサロンも多くあります。

 

資格

ネイリストは美容師さんのように免許というものがないので 就職や開業するにあたり技術を証明する「ネイル検定試験」というものが必要になります。

「JNECネイリスト技能検定3級」から順番に受験するようになりますが 昨今のジェルネイルの人気で「JNAジェルネイル技能検定」も併せて取った方がよいでしょう。

就職には最低ネイリスト検定は2級以上、ジェルネイル検定は中級以上を求められることが 多いです。

裏技として ジェル検定のみで即ジェル専門店の就職もありますし 未経験者OKのサロンで 見習いとして働きながら 検定を受ける方法もあります。

 

費用

サロンに就職できるレベル(90時間から120時間)で 20万から30万

即戦力(ネイリスト検定1級、ジェル検定上級)で60万から90万ほど

さらに材料費にジェルの機材などに10万円ほどかかります。

 

仕事内容

サロンに就職。ネイルサロンを開業する。ネイルスクールで講師になる。

 

報酬

働き方やサロンの給与形態で 報酬は変わってきますが 時給にすると800円-1500円と幅があります。

経験を積んで 開業すると 平均で年収200万くらいの収入を望めますが サロン経営が上手くやれば立派なビジネスとしての成功も夢ではありません。

ネイル業界の華やかさには あこがれますよね

 

まとめ

いかがでしたか?

専業主婦が「社会復帰したい!」と思った時 まずは 2手に分かれます。

「生きがいや趣味にこだわる」か それとも「収入で決めるか」。

どちらにしても資格は あくまでも就職やきっかけにすぎません。 将来的に生き残るのは「手に職」があること。

これから社会復帰をして年齢に関係なく働くにはスキルを磨くことです。

スキルと資格を上手に生かして 社会復帰を目指しましょう。

 

 

<応援クリックをして頂けると嬉しいです>

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村


アラフォー日記ランキング

最新情報をチェックしよう!