専業主婦が孤独を克服する方法

こんにちは Rikkoです!

突然ですが 専業主婦の皆さん 孤独とどう付き合っていますか?

孤独でない主婦なんて きっとこの世に一握りもいないと思います。

朝 家族を送り出して ひとりで もくもくと家事をこなして一日を終え  夜 やれやれとベットに入った時

「あ、、今日は子ども以外 誰とも話していなかった、、」と気が付いたときの孤独感は半端なものではありません。

1日しゃべっていなかったせいで 声が出ず「お帰り」がガラガラ声になってしまった事がよくありました

子どもが学校に行きはじめ 手が離れた時、

ママ友がランチに誘ってくれなかった時、

夫が部下や同僚に囲まれて生き生きしている時、

自分ばかり取り残されたような 孤独感にさいなまれて どうしたらいいのか途方にくれてしまう事 ありますよね。

専業主婦に限らず 若くてきれいなOLさんにも、バリバリ働くキャリアウーマンにだって 孤独はついてきますし 悩んでいるのはあなただけではありません。

孤独になるのは怖いし なったらさみしくて悲しい。けれど 孤独は時にあなたを強くしてくれます。

ひとりでつらい孤独と上手く付き合いながら 味方につけるコツを紹介していきましょう。

 

専業主婦は 孤独であたりまえ

 

孤独を感じる時

 

社会から取り残された気がする時

気が付いたら 自分の周りは 子どもの付き合いくらいしか なくなっていた!

いつの間にか自分は すごく小さい世界で生きていたんだと 打ちのめされているところに 

子どもは大きくなって 自分なしでも遊びにいくようになり 夫も偉くなってますます忙しい。

家族ともすれ違いが多く自分の価値が見いだせなくなっている時 自分だけが 取り残されたようで 孤独感に押しつぶされそうになります。

結婚する前はそれなりに勉強もして 一人前にちゃんとお給料を頂いて、いろんなお付き合いをしながら 自立していたのに

今は仕事も収入もなく ひとりでは生活もできないなんて、、どんどん気持ちは暗くなっていきますよね。

生き生きと忙しそうに働いて 社会的にも活躍する場所のある夫がうらやましい。

しかもたまに接待されたりしているのもうらやましい

でも 忘れてはいけません!自分を犠牲に家庭を守ってくれる奥様がいるからこそ  ご主人たちは 安心して働きに行けるんです。

立派に社会に貢献しているのに 収入がないからって 卑下することはありません!

 

 

気が付いたら友達がいない

「縁の下の力持ち」として 家庭を支えてきたら 自分の都合は二の次になってしまい ふと気づいたら 「親友」といえる友達がいなくなっていたって、、、 実は専業主婦には よくある話です。

子どもも大きくなって 仲が良いと思っていたママ友たちとも 会う機会が少なくなり

またそれぞれ新しいお付き合いに忙しかったり パートを始めて都合がつかなくなったり

相手の都合が自分の都合と合わなくてさみしい時 ありますよね。

友だちがいないのは あなたのせいではなくて ただの環境の変化だって 気がついていますか?

昔の友達とは連絡も途絶えて 本当に困った時に連絡ができる友達がいなくて 愕然とすることもあるけれど  それはあなたが自分を犠牲にがんばってきた証拠で仕方がないのです。

お友達が楽しそうに見えるのは あなたの色メガネかもしれません。多くの専業主婦があなたと同じような孤独を抱えて生きています。

顔で笑って 心で泣いてってやつですね

周りと比較してしまう

昔の同期は 大きなプロジェクトを任されて とうとう管理職に昇進した、、とか 仲良しだったママ友は 子どもを私立に入れて 忙しそう、、なんてニュースを聞いて 落ち込んだりすることも 専業主婦のあるあるです。

昔の自分だったら 素直に「すごい! おめでとう!」といえるのに 今の自分の状況と比べてしまい 自分だけが惨めな状況にいると勘違いして孤独の殻に閉じこもってしまったりします。

孤独の殻のなかで 色んなものを育ててしまうと あとで厄介なことになりかねません。

いいんです、専業主婦には そんな時もあるんです! だけど 自分だけが つらい状況にいるんだという 妄想を捨てると 孤独もただの妄想だったことに気が付いたりします。

周りにはあなたの仲間がたくさんいるはずです。

妄想は暴走すると危険です

孤独から抜け出すためのコツ

 

 

外に出て周りを見てみる

まずは外に出てみましょう。ひとりで自由になった時間を 行ったこともない街でもいいし  雑誌で見かけた美術館でも素敵なカフェにでもかまいません。ひとりでお出かけする機会がなかったあなたも 勇気を振り絞って出かけて下さい。

誰でもいいからと 都合の開いている人を誘ってはいけません。感性が鈍ります。

孤独を克服するには 孤独を楽しめるまで 味わうことが大事なのです。

自分があこがれている女性 (女優さんでも知り合いの人でも結構です)だったらどんな風にひとりで 出かけるか 彼女が目的の場所にいるところを想像してみると 勇気が湧いてきませんか?

案外ひとりというのは 快適ですし 思ったよりさみしくないんです。

孤独は時に便利で 心地よい物なので 楽しんでみるのも悪くありません。

おひとり様って言葉もあるくらいですしね

ひとりでも生きていける自信

ひとりで生きていける術を考えてみて下さい。

金銭的に自立できれば 素晴らしいですが まずは夫に依存しなくても ひとりで楽しめることを見つけることが先決です。

受け身で待つより 自分から探しに行くような 自主的な行動を心がけては?

例えば 趣味を探すのもいいですし パートを始めるのも いいでしょう。

別に離婚を前提にという理由ではなく あなたがひとりでも大丈夫と思えたら 夫が仕事で遅くなっても 休日も出勤しても 「置いてけぼり」の被害者意識から 逃れられるからです。

夫の帰りが遅くても「実は 私も見たい映画があったんだ」とか「今日中に習ったことをおさらいしたかった」とか 自分の好きなことをしているあなたは 誰が見てもきっと魅力的に映るでしょう。

また パート先で人から感謝されたり 趣味の集まりで仲間から頼りにされると 自分の価値に自信が持てるので 孤独なんて すっかり忘れてしまいます。

趣味と実益の両方で 満たされるのが理想です

 

目標を見つける

子育てもひと段落ついたら 目標を持つと いいですね。

一念発起して ずっと気になっていた資格を取るのもいいですし 社会復帰するというのを目標にしてもいいのではないでしょうか?

目標に向かっているときは 家事と目標達成のための準備で 忙しいので 孤独なんて感じている暇はありません。

また 目標が達成すれば また新しい世界が広がり 人脈も広がっていき ワクワクするような出来事にも出会えるチャンスです。

主婦になってから 夢を達成するなんて ちょっと前ならシンデレラストーリーでしたが ネットの普及や働き方の多様化で実現しやすくなっています。

主婦でも努力の方向性を間違えなければ チャンスはいつでも転がっています。

88歳のモデル ダフネ・セルフーって知っていますか? 彼女のストーリーには 勇気をもらえます

まとめ

専業主婦は 家事だけをやっていればいいなんて言う時代は そろそろ終わりに来ています。

これからは 孤独と向き合ってきた専業主婦が 今までの負の感情を努力で結晶させて「専業主婦+〇〇」を目指す時代です。 

あなたの〇〇は 何ですか?

後悔しない人生なんてありえませんが 後悔の少ない人生なら 選ぶことができます。

専業主婦の道を選んで よかったと 楽しい事や興味のあることに向かって歩いていけますように。

孤独を味方にして 素敵な毎日を!

 

 

<応援クリック よろしくお願い致します!>


アラフォー日記ランキング

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!