専業主婦の抱えるストレスは旦那と子育て!不満を上手くコントロールする方法

こんにちは Rikkoです。

皆さんは どんな時にストレスを感じていますか?

専業主婦にストレスの原因について アンケートを行ったところ このような結果が出ました。

1位  旦那
2位  子育て
3位  お金
4位  義理両親
5位  ひと付き合い
確かに納得のランキングです

家にいることが多い専業主婦は 社会との接点が少ないので 孤独に陥りやすく ストレスをためてしまいがちです。

毎日 同じことの繰り返しで マンネリ化した生活にうんざりしているところに 夫から何気ない「主婦はいいよな」攻撃。

確かに1日数時間のスキマ時間はあるけれど 毎日昼寝ばかりしているわけではありません。

そんな時は気の置けない友達に愚痴って  大笑いするのが一番ですが スケジュールが合わなかったり 人に話すほどのことじゃない、と飲み込んでしまったり なかなか うまくストレス発散できない事もありますよね。

最近では ストレスが体に及ぼす影響も取り上げられるようになり 認知度も上がってきましたが 気づかないうちにストレスをためこんで 深刻化してしまうケースもまだまだ多いのが現状です。

ストレスの研究で有名な ハンス・セリエ博士は 「ストレスは 人生のスパイスである」と云ったそうですが ストレスの苦痛をピリッとしたスパイスに変えるには 皆さん どんな事をしているのでしょうか?

専業主婦のストレスの2大要素である「旦那」と「子育て」。ストレスをためないためコツとコントロールする方法をまとめてみました。

専業主婦のストレスTOPは旦那と子育て!上手くコントロールする方法

 

専業主婦をイライラさせる2大要素

 

「旦那」

実は専業主婦、兼業主婦 どちらにとってもストレスの原因で堂々の第1位は「旦那」です。

イライラの原因は 専用主婦の大変さを理解してくれない事にあります。

「家事を完ぺきにこなして当たり前」「感謝もいたわりも感じられない」という夫に対して 不満があってもなかなか 言えない、または 言い返したところで すぐに喧嘩になってしまいがち。

最近は マメな旦那さまも多くいるという噂を聞くと さらに何でうちの夫は、、と周りと比べてさらにイライラ。

まして たった一つの事を頼もうものなら 嫌味たっぷりのコメント付きで「俺ってイクメン」とのたまう始末。

これでは 一緒に生活する者として ストレスもたまりますよね。

こんな夫に育てたのは だれ??。。。

「専業主婦は楽でいいよな」とか「専業主婦で時間があるんだから これくらいできるだろ」と 家事の大変さを理解してくれないどころか
専業主婦を馬鹿にする始末。「専業主婦=ニート」発言には 思わずキレた。  
(30代 女の子ママ)

 

旦那は残業もあるけど 飲んで帰って遅くなる日も多く  家事も育児もワンオペ状態。
休日も疲れたとゴロゴロしている姿を見ていると イライラする。       (20代後半 0歳 男の子ママ)

 

 

 「子育て」

子育て中のママは 子どもの都合やスケジュールに左右されて なかなか自分の思ったように行動ができず ストレスをため込んでしまいます。

特に子供が小さいうちは 子どものお世話と家事で 気が付いたら 1日 誰とも大人の会話をしていなかったなんて事もざらにありますよね。

また 授乳や夜泣きなどで 夜中 何度も起こされて 体力的にもフラフラな時に限って 何をしても泣き止まない。

下の子の授乳期と上の子のいやいや期が重なって ごはんの後片付けはもちろん 時にはトイレさえも行けない時だってあるのに 夫に話してもなかなか分かってもらえません。

がんばっているのに 誰も評価してくれないし ねぎらいの言葉もない毎日。同じことの繰り返しで 子どもの小さいうちは 子どもの世話と家事で 自分の事は いつも 後回し。

家事も育児もワンオペ状態が続くと 子どもといつも一緒に居たくて専業主婦になったのに 孤独感や疎外感に苛なまれている自分に対する嫌悪感を感じてしまうママも多くいます。

そんな24時間 いつも子供と一緒にいる事で疲弊している時に「 いつも子供と一緒に居られる専業主婦は幸せね」なんて 云われると イラっとしてしまう事もよくある話です。

 

子どもは 確かにかわいいんだけど たまには 家事を放棄して ひとりで好きなものを食べて 自分の好きなドラマをまとめて ゆっくり見たい。
(30代  3歳と0歳 女の子ママ)

 

 引っ越してきたばかりで まわりに誰も知っている人がいない。子どもとしか 話していない毎日で 大人の会話が恋しい。
(30代後半 2歳 女の子ママ)

 

ストレスを上手くコントロールする方法

 

旦那がストレスの場合

旦那に専業主婦の大変さを分かってもらうのは なかなか難しく 夫に自分の要望を話すと言い合いになってしまう場合もあり ストレス解消にはなりません。

パート先やママ友など 同じような状況の仲間と旦那の悪口を言い合って笑える主婦は 夫に対するストレス度が低いそうです。

旦那の「主婦は楽でいいよな」にカチンときて 言い返すと余計な喧嘩が勃発しますので ここは ぐっとこらえて「おかげ様で。いつもお疲れ様です」などと笑顔で切り返す方法が有効です。

というのも 夫の「主婦はいいよな」という言葉の裏には 仕事や上司へのストレスが含まれていることが多いからです。そこを理解してあげて あなたが 「お疲れ様」といってあげることで夫のストレスは軽減される訳です。

ただ ここで さらに いちゃもんのような言葉をつづける夫には モラハラの要素が加わっていますので 相手にせず さっさと逃げましょう。

また 旦那に家事を手伝ってもらうのは 至難の業という主婦も多いのではないでしょうか?

そんな時は 家事をすべて書き出して 夫ができる事をいくつか自分で選んでもらいましょう。

子育て中の家庭なら 夫が上手く子育てにかかわる いいチャンスです。

例えば休みの日には 必ず2時間は 子どもと散歩に行ってくる、とか お風呂はパパの担当にするなど  家事にもならないようなハードルの低いことからお願いしてみると案外うまくいくこともあります。

まだまだ 成熟途中の夫が多いのも事実です。大きな心で見てあげましょう

子育てがストレスの場合

確かに「子育て」においては お仕事をしている兼業主婦よりも 家にずっと居て逃げ場のない専業主婦の方が ストレス度が高いという統計結果が出ています。

カナダに住んでいる友人も「 1日中子どもと一緒にいるのは ムリ」といって わざわざ 朝早く ベビーシッターに来てもらって 早朝から午後1時までの仕事に行くことで 辛い時期を乗り切っていました。
日本でベビーシッターを頼むというと大げさに聞こえてしまいますが 子どもを預けて数時間 働きに出るのは決して悪い事ではありません。

睡眠不足でつらい時だって 家族や公共のサービスに子どもを預けて 息抜きをしながら 乗り切るのが1番。

子どもがストレスだということに罪悪感を感じてしまうママもいるようですが 「人間 大変な時は人それぞれ」です。 つらい時は ひとりで悩んでいないで 誰かに助けを求めましょう!

自分が思っている以上に 世の中には人の役に立ちたい、助けてあげたいと思っている人がたくさんいます。

そういう人たちは あなたが「ありがとう」と笑顔になってくれることで 彼らの人生は意味を持つものに変わっていくのです

たまには 夫や家族に子どもの面倒を見てもらって 「おひとりさま」を満喫すると 不思議といつも退屈だった毎日やうんざりしていた子どもの後追いも恋しくなって また明日から頑張ろうという気持ちになりますよ。

甘い物もストレス解消には 効果があるようですが 個人的には 甘いものを食べるより 子どもをベビーカーに入れて散歩に行った方がすっきりしたように思います。

と云うのも 散歩中に 知らない人とあいさつ程度の軽い会話をしたり ちょっとした買い物で 店員さんと世間話ができるのは 孤独に子育てをしている身にはありがたかった記憶があります。

地域の子育てサークルで同じくらいの子どもを持つ母親たちと話をするのも 不安や孤独が癒されます。

夜中の授乳もいやいや期もいつかは終わって 懐かしく思い出す日がやってきます

まとめ

ストレスは 日常的な事なので上手く付き合えば 大したことがないのですが 知らず知らずにためてしまうと 体調を崩したり 精神的に不調をきたしたりしてしまいます。

ご主人の性格を変える事は ほぼ不可能だと思いますが あなたが彼の性格をよく理解してコントロールすれば あなたがストレスを感じなくて済みますし 上手く好きなことを家庭の外に見つける事でイライラしなくなります。

また子育てに関しても協力してくれる家族が近くに居ればいいのですが 誰もいない時は 遠路せず公共の施設やサービスを賢く利用しましょう。

稼ぎがない事で 罪悪感を感じている専業主婦も多いのですが 家事は立派な仕事です。

それでも 自分のお小遣いくらいは自分で捻出したいと思われているのであれば 在宅でもできる仕事はたくさんありますし 短時間のパートに出ることで ストレスを解消できるケースもあります。

孤独になると色々余計な事まで考えてしまい 悪循環になるので 外に出て 他人と関わってみる事をおすすめします

旦那も子どもも大事ですが あなた自身も大事にすることで 家庭はますます 居心地の良い場所になります。

どうか ストレスを上手くコントロールして楽しく毎日を過ごされますように!!

応援しています!

 

<応援クリックをして頂けると嬉しいです>

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村


アラフォー日記ランキング

主婦のスキマ時間 - にほんブログ村

 

最新情報をチェックしよう!