専業主婦の友達作り どうしてる?実はコツがあるんです

こんにちは Rikkoです。

専業主婦になって しばらくすると 友達が少なくなっていることに気が付きます。

慣れない土地に引っ越して来たり 独身の友達と音信不通になってしまったり 、、、。

ちょっとした暇な時間を 一人で過ごすのが つらくなってきたら 友達を作りに行く時です!

学生時代とは違って 家族もいるし 時間にも制約がある専業主婦の友達作りは 実はちょっとしたコツがあります。

何でも話せる気の合う友達を作るのは 最初が肝心!でもいい人を演じる必要はありません。

自分らしく飾らなくても 専業主婦が 友達を作れるコツをご紹介します。

【専業主婦の友達作り】コツさえつかめば 上手くいく!

 

初対面で気を付けること

 

礼儀正しく

まずはちゃんと敬語を使って話しましょう。相手が年下でも年上でも最初は敬語が基本です。

最初から あまりになれなれしいと 相手はびっくりして ひいてしまいます。

たった「敬語」を使わなかったばかりに 「非常識」というレッテルを張られてしまっては せっかくの貴重なチャンスも台無しです。

話の中身も肝心ですが 話に入る前に 拒絶されてしまっては 元も子もありません。

仲良くなったら 普段通りの「タメ口」でもいいので 最初は「敬語」を心がけましょう。

敬語が苦手でもまずは 「ですます調」で話せば 大丈夫!

共通の話題作り

子どもがいれば 子どもの月齢とか 性別ことから入るのが一番簡単ですが 子どもの話題以外は 住んでいるところとか 出身地とかが 当たり障りなく 話題も広がっていきます。

自分のことばかり話すのではなく 相手にしゃべらせてあげるのも 共通の話題を見つける手段です。

相手の持ち物を褒めるなど 相手が喋ってくれるきっかけを作るのもいいでしょう。

否定的な意見はぐっとこらえて 相手が何に興味があるのか探っていくと 自分との共通点がどこかにあるはずです。

「でも」とか「だけど」は ちょっとだけ封印しましょう

 

 

第一印象をよくするコツ

第一印象は見た目で決まることは有名ですよね。

アメリカの心理学者であるロバート・メラビアンによって提唱された「メラビアン法則」では 最初の3秒で第一印象が決まるといわれています。

好印象を残すのに 特別なお洒落をするとか 流行りの服や高価なアクセサリーは 必要ありませんが清潔感は大事です。

特に専業主婦になると協調性が求められるので 友達を作りたいと思ったら とりあえず 強烈な個性は しまっておきましょう。

不自然なコンタクトレンズ(カラーや大きさなど)や 派手なネイル(長すぎ、ゴテゴテのネイルデザインなど)も最初は封印してください。

アイロンが必要な服はきちっとアイロンをかけ 髪の毛などがついていないように 気を配ります。

普段メイクはしないという方も 大人のたしなみとして ある程度は した方がいいでしょう。

専業主婦とは言え 「女子」は きれいなものが大好きですから。

全身真っ黒、、は とりあえずやめておきましょう。

 

友達作りでしてはいけない事

 

相手の詮索をしない

初対面から 相手のプライバシーにずかずかと踏み込むよう質問は控えましょう。

あまりに詮索するような質問ばかりだと 相手から警戒されて 会話も弾まなくなってしまいます。

専業主婦の間でタブー(禁句)とされているこの3つの話題は避けた方が無難です。

  1. ご主人の仕事
  2. 子どもの教育方針
  3. 家計やご主人の年収などお金に関すること
宗教と野球もデンジャラスゾーンです(経験者は語る)

頼みごとは控える

せっかく知り合えた友達を 利用するような行動や言動は控えましょう。

お互い「持ちつ持たれつ」の関係が理想的ですが 最初から何かをお願いしたりすると せっかく好印象だった友達から 「利用されているのかも?」と思われても仕方ありません。

反対にお願い事をされたときは 慎重に返事をして下さい。

「大したことではないし、まあいいか 」とその時は思って 相手のお願い事を快く引き受けても 後になって 相手から「十分なお礼もなかった」とか「思ったより喜んでいなかった」などと と不満に思う事もありますよね。

相手からの頼み事を引き受ける時は 自分でも気が付かないうちに 相手から何かを期待することが多く 自分の期待していた反応がないと 逆に「なんて 非常識なの!」と不満が生じて せっかくいい感じで始まった友達関係にひびが入ってしまいます。

引き受ける時は 菩薩になったつもりで。。。

自分や家族の自慢話

自慢話ほど聞いていて つまらないものは ありませんよね。

子どもの自慢、夫の自慢、さらには実家の自慢、誰も聞きたくはありません。

自分では気が付かないで うっかり自慢話をしてしまった時は オチをつけて笑い話にしてしまいましょう。

飾り気のない人柄を好きになってくれる友達候補も出てきます。

笑いはすべてを救います

 

友達を探しのおすすめ場所

 

公民館や子育て支援センター

地域で開催されているイベントや勉強会、子育てのクラスなどは 家が近所など これからお付き合いしていくうえで 便利な要素がたくさんあります。

特に子育て支援センターなどは 同じ年齢の子どものお母さんと触れ合う良いチャンスです。

子どもが同じくらいだとこの先ずっとかかわっていく可能性があるので 友達選びは慎重に。

また 第一印象は ずっと付きまとってきますから 十分注意して挑んでください。

プレッシャーに思う必要はありませんが 念のためのリマインダーだと思って下さい。

 

趣味や資格取得のための教室

同じ目標や趣味でつながった友達は よい意味で 子どもや家庭環境など関係なく 独立した人間関係が築けます。

OOちゃんのママとか 奥さんではなく 名前で呼んでもらえるのも新鮮でうれしかったりします。

決まった時間に定期的に教室にいくので わざわざ会う約束をしなくても 自然に会う回数や時間が増え 分かり合える機会も沢山出てくるでしょう。

いちいち 会う場所や時間を決めなくても 相手に会えるのは なんて便利なんでしょう!

趣味の教室や 資格取得のための学校で 知り合った友人は 同じ目標に向かっているので 将来的にも長く付き合っていける可能性が高く よい友人関係が期待できます。

例えば 趣味が高じて自分でお教室を開いた場合 手伝ってもらえることもありますし 資格を取った後も横のつながりで協力し合ってプロジェクトを成功させる など お互いにとって有益な関係が期待できるのも素敵ですよね。

お互い刺激を与えられる友人関係は貴重ですね

 

パートや仕事に行ってみる

仲間意識の強くなるパート仲間や仕事仲間は 友達作りには持ってこいの環境です。

一緒に働いている時間が長くなってくると 共有できる経験や話題も増えていき 気が付いたら大事な友人になっていたというケースも多くあります。

気の合う仲間だと楽しく一緒に働けますが その逆のパターンもあるので 友達作りのためだけに仕事を探す場合は 自分の望んでいる雰囲気かどうか 事前のリサーチが必要です。

また年齢も環境も違う人が集まってくるので 今までは 知り合う機会がなかったような人たちとも知り合えるチャンスもあり 自分の知らない事を経験してきた人とかかわっていくと 色々な意味で世界が広がっていきます。

パート代も入ってくるので一石二鳥です

 

まとめ

 

ちょっと変わっていたり 目立つ子が人気だった学生時代とは違って 専業主婦が「この人とお友達になりたい!」と思う基準はもっと保守的になってきます。

自分らしく振舞うのは もちろんいいのですが 新しい友人と知り合うチャンスが限られてしまう専業主婦にとって 第一印象は かなり重要です。

また 同じような経験や目標を共有できる環境があればあるほど さらに親しくなれるチャンスが増えるので 自然に会える機会のある習い事などもおススメです。

ママ友などは 子どもの状況で 友情も変化することもありますが 子どもとは関係のない場所で知り合った友達は 将来的に 長く付き合っていける可能性も高いので できれば ママ友とは別に あなた個人として付き合っていける友達がいると心強いですね。

上手く素敵な友達を見つけて 明るく楽しくいきましょう!

 

<応援クリックを押していただけると嬉しいです!>

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

アラフォー日記ランキング

最新情報をチェックしよう!