専業主婦は暇で 兼業主婦は忙しい?先輩たちから学ぶこと

暇な専業主婦になるか それとも忙しい兼業主婦でやって行くか?

 

仕事を辞めて 専業主婦になるか?それとも このまま仕事を続けて 専業主婦をするか?

どちらを選択するかは 女性にとっては 結婚と同じくらい大きな決断です。

専業主婦になるべきか 仕事を続けて 兼業主婦でやってみるか

悩んだ時に 少しでも参考にして頂けるように それぞれの立場でまとめてみました。

専業主婦と兼業主婦 それぞれの事情

 

時間が自由になる(専業主婦の場合)

朝ご主人を送り出してから 帰ってくるまで 家事さえこなしていれば いいので 友人とランチに行ったり趣味の習い事に行ったり自由な時間が持てます。

でも専業主婦が毎日 ふらふらと遊んでいるのかというと そんなことはありません。

 

子どもが幼稚園や学校に行くようになると少し時間に余裕が出てきますが

掃除、洗濯、買い物、炊事、のほかにも公共料金の支払いや 書類の管理や家の修理と快適な家と生活を維持するのは 思ったより大変です。

まして 乳幼児の子どもがいたらゆっくり自分のご飯を食べている暇もありません。

Rikko
セレブな専業主婦の生活は一般の専業主婦とは違う事を忘れては いけません。

嫌な上司や意地悪なお局と付き合わなくてもいい(専業主婦の場合)

専業主婦は毎日 おうちで ひとり粛々と 家事を次々に片づけていきますので 他人との関わる煩わしさがありません。

ただ 専業主婦でも 苦手だけど付き合わないといけない人はいますが

会社で毎日 何時間も顔を突き合わせている訳ではないので ある程度自分でコントロールできます。

Rikko
苦手な人用の「貢ぎもの」を常備しておくと急な事態にもあわてず にこやかに対処できます。

 

子どもの成長を見守れる(専業主婦の場合)

毎日 些細な子どもの成長に 驚いたり 感動したり。

毎日ずっと一緒にいないとわからないこともあり 夫に後でうらやましがらせるためのネタを集めるのも楽しみです。

お金の心配もなく 母親になった幸せをかみしめながら 赤ちゃんとゆっくり過ごせることは 専業主婦の 特権ですね。

ただ24時間 乳幼児と一緒の生活は 思いのほか精神的にも肉体的にも重労働です。

Rikko
ありがたいのですが  もう少しゆっくり寝かせてくれれば 文句なしです

 

自分のお給料を気兼ねなく使える(兼業主婦の場合)

夫の顔色を伺わなくても 自分のお給料で好きなものが買えるのは 魅力的です。

長く勤めれば 昇給もありますし夫の年収と合わせれば お金の心配はしなくて済みます。

ただやはりお給料をもらうということは 楽ではありません。体調が悪くても 夫との約束があっても仕事のスケジュールは絶対です。

Rikko
豪華なビジネスランチも食べてみたい

 

妻でもママでもない 自分でいられる(兼業主婦の場合)

社会人として 働いている間は 妻だとか ママだとかは関係なく本来の自分を評価してくれるので  周りとも対等に付き合えます。

仕事上でも お互い刺激になるような人間関係は自分を成長させてくれますが

甘えは許されず 「子供が病気で、、」などと言い訳しようものなら 今まで培ってきた信頼は いっぺんで崩れる危険もはらんでいます。

 

Rikko
嘘も方便、上手に使いましょう。

社会的地位が手に入る(兼業主婦の場合)

長く働いていれば 昇進や 昇給のチャンスもあります。最近は女性の重役も出てきて 険しい道ではありますが 皆無ではありません。

役職についたりすれば 昇給はもちろんですが 自分のやってきたことへの自信にもつながり 社会的地位も獲得できます。

役職のあるポジションの兼業主婦は 家庭との板挟みに悩むようですが お金で解決できることもあるので 家庭と仕事の両立は 夫次第という面もあります。

Rikko
役職につくような賢い女性は 夫選びも上手です。

 

自分の選択を後悔していることは何ですか?

 

専業主婦、兼業主婦 どちらを選択しても 後悔は必ず付いてきます。

子どものこと、家庭のこと、夫婦関係のこと、

それでもよかったといえる選択ができるように 先輩たちの意見をまとめました。

 

もとの仕事(ポジション)へ戻れない(専業主婦)

頑張って専門職についたのに 子どもが生まれた時に専業主婦になり 小学校に入ったのを機に再就職を試みても希望通りに再就職ができなかったという話をよく聞きます。

不本意ながら かなりレベルを落として働き出しても 子育て中のブランクに追いつくのも大変だし 以前ほど やりがいのある仕事は任せてもらえない。

昔の後輩の給与と今の自分がもらっている給与を比べて落ち込んだり。

再就職の道は厳しいようです。

だけど「子育ては一度きりだけど 仕事はどこでもできる。後悔はしていない」という意見もありました。

Rikko
昔の後輩にランチでもおごってもらいましょう

 

自分の世界が小さくなった(専業主婦)

専業主婦になって 色んな制約の中で生活に追われているうちに 大事な友だちや 色んなチャンスを逃してしまって

気が付いたら自分の世界は家族だけになってしまった、、というケースもよくあります。

専業主婦は 家族をまず1番に考えて行動するので 自分のことは後回しになってしまい その結果 社会から孤立してしまう事もあります。

「自分が家庭に入り 夫のサポートをしたことで 夫は仕事で成功し 自分は 夫の人脈で色々な世界が見れたので 専業主婦になってよかった」という方もいました。

Rikko
先見の明がある奥様で うらやましい

 

子どもの一番かわいい時期を見過ごしてしまった(兼業主婦の場合)

やっと授かった子どもなのに 初めての1歩も 初めてのトイレもすべて保育園で 何のために頑張っているのか分からなくなったという声も多く聞かれました。

1年違いで産んだ兄弟が 義理母にすっかりなついて 自分が産んだ子なのにしつけも義理母の言う通りで 悲しかったという声もありました。

親子でさみしい思いをすることもありますが 限定した時間だからこそ 濃い時間になるということもありますよね。

Rikko
義理母がどんなに甘くても 子どもはママが一番好きなんですけどね

 

家族に負担をかけてしまった(兼業主婦の場合)

夫婦共働きだとどうしても夫の理解と協力がないとやって行けません。

急な残業や出張は どちらかが 犠牲を払わなくてはいけないケースもあり 夫婦仲に亀裂が生じたり 年老いた両親に迷惑をかける場合もあります。

またどちらかに転勤命令が出た場合も単身赴任で行く もしくは断るなどの苦渋の選択を迫られます。

Rikko
後腐れなくジャンケンやくじ引きで決めたいものです

 

子どものいない共働きの夫婦でも親の介護などの問題が出た場合 どちらが世話をするなど 夫婦間で慎重な話し合いをしなくてはいけませんし

兄弟がいる場合も共働きだからといって 分担を割り当てられ 大目には見てくれない場合がほとんどです。

地方ではまだまだ 嫁が嫁ぎ先の親の面倒を見るというのが常識で 仕事で面倒が見れないとなると 親戚一同から非難を浴びて かなりのストレスを背負う事もあります。

シッターさんを頼むなど お金で解決できることもありますが 家族がチームとして機能しなくては乗り越えられません。

それで家族のきづなが強くなるケースもたくさんあります。

 

まとめ

 

結果から言うとどちらも主婦の負担が大きいのは言うまでもありませんし

専業主婦を選んでも 兼業主婦の道を選んでも 得るものがあり失うものもあるといったところでしょうか?

その時の状況で 最善の方法を選んだら 腹をくくって 前に進むしかありません。

1点だけをみれば 「やめておけばよかった」とか「もう少し頑張ればよかった」など後悔もあると思いますが

いつか 時が過ぎて あの時の選択が正解だったと思える日が来ることを祈っています。

専業主婦も 兼業主婦も 偉大です。

頑張りましょう!

 

<応援クリック よろしくお願い致します!>


アラフォー日記ランキング

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!