専業主婦がつまらない日常から脱出する方法

専業主婦がつまらない日常から脱出する方法

 

こんにちは Rikkoです。

専業主婦がつまらない、、まあ そうですよね。

Rikko
 たしかに「キャリアウーマン」ほど 華やかな響きはありません。

バブルのころは 少しでも条件の良い「専業主婦」になりたくて いい会社に就職を希望する女子大生がたくさんいて

アフターファイブは 自分に「箔をつけるため」の習い事 やコネを見つける活動(合コンともいう)に余念がありませんでした。

では せっかく希望通りの 専業主婦 いわゆる「勝ち組」になったのに なぜ つまらないのか?

専業主婦の光と影を 考えてみたいと思います。

 

専業主婦がつまらないのは なぜ?

 

何をしても大して評価されない

きっと専業主婦が1番つまらないのは どんなに一生懸命 家族のために尽くしても

誰もほめてくれないし ちやほやもしてくれないところではないでしょうか?

家がきれいで当たり前、ご飯が用意してあって当たり前。

トイレットペーパーや シャンプーは ストックがあって当たり前。

あるものがなかったり 部屋がホコリっぽかったりすれば文句を言われたりします。

どんなに一生懸命 お掃除しても  遠くまで買い物行って 手の込んだご飯作っても 家族からは「いただきます」と「ごちそうさま」くらいしか聞けません。

これがずーっと何十年も続くのかと思うとやり切れません。

Rikko
家事をボイコットして 散らかった家にいるのもかなりストレスでした

 

対価が見合っていない

朝8時から夜の9時過ぎまで 普通に働いていたら 時給1000円としても一日13000円はお金もらえます。

1か月 毎日 働くと 日給 13000円×30日の計算で なんと1か月390000円!

主婦業ってお金に換算すると かなり高額なのに 無償で働いているのは「愛情」という対価があればこそ。

でも夫の「いたわり」や「思いやり」がなければ むなしくなりますよね。

最近は 家計に余裕がある主婦は 「家事代行サービス」に家事を外注し、

逆にお金が欲しい主婦は 自宅の家事をする時間を削って 他人の家を掃除すれば バイト代が手に入ります。

主婦への負担が大きい家事は 外注化できる時代になってきているんです。

 

Rikko
「収納アドバイザー」や「野菜ソムリエ」など本格的なプロがお手伝いさんとして 来てくれるなんて うらやましいです。

専業主婦は 家事をやって当たり前。と思われていることに 苛立ちます。

愛情が感じられない時 「こんな重労働を 週7日休みなく ただ働きをさせられている!」と思うと ついつい「専業主婦なんて、、」といつもは隠れている ひがみ根性がちらっと顔を出します。

たまに行くママ友とのランチも

もし夫が「いつも家事で大変なんだから たまには気晴らしにでも行っておいで❤」なんて言ってくれたら すーっと気が晴れるのに。

「専業主婦にとって 家事の対価とは 夫の愛情が1番」というあたりまえの事実を 世の中のご主人たちにリマインドしたい!

Rikko
なんだったら 高級エステくらい行かせてもらってもバチはあたりません。

 

 

孤独である

家の中で 誰ともしゃべらず 家事をしている主婦は 孤独です。

会社に行けば 何気なく同僚と話し 当然のように飲みに行ける夫がうらやましい。

子供が小さいと 音だけ聞いていれば にぎやかだけど 中身のある大人の会話が恋しい

Rikko
LINEもいいのですが たまにはおしゃべりがしたくなります

子供も大きくなったら うちにはほとんどいないし

「いってらっしゃい」の次の言葉が「おかえり」になることもしょっちゅうで

声がすんなり出なくて 1日 誰とも話してなかったことに 気が付く時の孤独感は 半端ない。

やっぱり またまた「専業主婦なんて。。。涙」 と毒づきたくなります。

 

 

制約が多い

どんなにお金持ちの専業主婦も制約はついてきます。

「何時までに帰らないといけない、、」とか「帰ってから 主人に相談しないと」と

大したことでもないのに 夫に許可をとらないといけなかったり。

いつから自分で自分のことが決められなくなったんだろう。

たまには羽を伸ばして 心の赴くまま 家族を気にせず 好きなところへ行って 好きなものを見て 好きなものを食べたい。

Rikko
たまには夕飯の時間を気にせず 映画やショッピングを楽しみたい

何かあると「俺の給料で生活しているんだから 勝手なことをするな」的な暗黙のプレッシャーを感じる時の息苦しさ。

専業主婦になって会社に縛られることなく自由な生活ができると思ってたのに 昔の友達と飲みに行くのもままならないなんて悲しくなります。

 

 

専業主婦のメリットはなに?

 

夫の収入を享受できる

やはり自分で働かなくても 夫の給与で生活ができるという事が 専業主婦 全員に共通している 最大のメリットではないでしょうか?

離婚をしたくても経済的不安で踏みとどまっているという専業主婦も数多くいます。

やはり自分で働いてお給料をもらうというのは 言うまでもなく 簡単ではありません。

毎月かかる生活費を心配せずに  安心して暮らせるというのは とても魅力的です。

しかも 子供の小さい母親にとって 家で 子供と過ごせるのは何より幸せなこと。

夫の給与で自分のものを買うのに罪悪感を感じるという意見をよく聞きますが 結婚記念日を迎えるたび 罪悪感もうすれていきます。

Rikko
今では すっかり当たり前に使わせて頂いています。

 

満員電車に乗らなくてもいい

じつは こんな単純な理由で専業主婦を選ぶ人が 結構いるんです。

女性に限らず 朝の通勤時の満員電車は 本当につらいですよね。途中で具合が悪くなって降りられないリスクも考えると 満員電車に乗るのは 必死の覚悟です。

専業主婦はラッシュ時に電車に乗らなくても 特に不便はありませんし 周りにも迷惑がかかりません。

生理で貧血気味の朝はゆっくり起きても 誰からも文句は言われません。

あの拷問のような満員電車に毎朝乗る方がいいか それとも 毎朝 朝ごはんの用意して 家族を送り出す方がよいか

後者を選んで 専業主婦になるのもうなずけます。

Rikko
今後 痴漢にあわないと思うだけで ほっとします。

 

 

家事さえこなしていれば 何をしても文句を言われない

家事が得意な主婦なら 効率よくさっさと家事を済ませて

ジムで汗を流したり 楽しいお稽古ごとに精を出して自分の時間を作り出すことが可能です。

日中 ずーっとテレビを見ていても

おうちがきれいで ごはんができていて  明日着る服にアイロンがかかっていれば 何をしていても誰にも文句は言われません。

ここで 上手く自分のやりたいことを突き詰めていくと 誰にも知られることもなく夢を実現できたりもします。

完璧な専業主婦でありながら プロが通うようなお料理学校に通い

有名な料理家のアシスタントの経験を積んで

ご主人が知らないうちに 立派な「おうちサロン」をオープンした専業主婦の先輩もいます。

Rikko
夫は 妻が1日 何をしていたかは 見えませんから いくらでも都合よく言い訳ができます

 

 

仕事にノルマがない

専業主婦は ワンオペ 自営業みたいなものですから 怒られるということがありません!

ましてや締め切りもプレゼンも 締め日もありません!

夫に何か頼まれても「ごめーん 忘れちゃった❤」で済んでしまいます。

締め切り前の職場はかなりピリピリムードでストレス値もかなり高め 居心地の悪さMAXです。

「明日の納期に間に合わない」というサラリーマンほどかわいそうな立場はありません。

重大なミスをして 上司と謝りに行かなくてはいけない事態になった時も罪悪感や惨めな気持ちに押しつぶされそうになります。

Rikko
強いて言えば ごはんが遅れて子供に文句を言われるくらいでしょうか?

そんな切羽詰まったサラリーマンから 専業主婦が「お気楽」といわれるのは きっとジェラシー。ここはさらっとジェラシーを受け流して 「お気楽ライフ」を楽しんだもん勝ちです!

 

 

専業主婦が楽しく過ごすための解決策

 

 

 

職業選択の自由

専業主婦がつまらないなら 兼業主婦になって見るのも ひとつの手です

働きに出ることで お金だけではなく 人に喜んでもらえる、人から必要とされている という確信が持てると毎日が驚くほど楽しくなります。

子供が小さくて 外に行けないという専業主婦は 在宅でできるお仕事を探してみましょう。

最近では様々なお仕事があって 1回 1000円からという個人レベルのお仕事もあります。

OL時代に養ったエクセルやデータ入力も立派なスキルで 需要が多い人気のお仕事ですし 得意なイラストを 誰かに描いてあげるなんて ワクワクしませんか?

専業主婦の強みは 嫌になったらいつでも辞められるという事。

合わないな、、やっぱり忙しくてムリ、、と思ったらさっさと辞めたらいい。

「ちょっと思っていた仕事と違う」とか「この人と働くのは無理!」と思ったら また違う仕事を探したっていいんです。

主婦が仕事を変えても夫の収入があるので 自由に「職業選択」ができるんです。

「自分なんて 特技もないし、、」なんて 思うより まずは自分のできることを探してみましょう!

ネットビジネスもどんどん流行っていますし 多様な働き方が求められるこれからの社会で 主婦の労働力が期待の星です。

大した収入につながらなくても 久しぶりに自分で稼いだお金を使うって楽しいですよ!

 

 

生きがいを見つける

広辞苑によると「生きるはりあい。生きていてよかったと思えるようなこと」だそうです。

「生きがいは子供」という意見をよく聞きますが 今は横に置いておいてまず自分だけの「生きがい」を見つけてみましょう。趣味でもいいですが 「生きててよかった!」と思えるくらい幸せを感じるくらいのディープな趣味がいいです。

もうすでに趣味がある方はそれを突き進めていけばいいのですが 私みたいに無趣味の人はどうしたら「生きがい」が見つかるのか?

私はその時その時のチャンスに乗っかっています。友人から誘いがあればとりあえず行ってみますし、興味をひく講座の広告が目についたら問い合わせてみます。そのうち何か見つかるはずとアンテナを張って いつでもキャッチできるように感性をとがらせています。

Rikko
めんどくさいな、、と思いながら行ったイベントで感動したりすることありますよね

私の友人は 娘たちと一緒に今どきのアイドルのファンクラブに入っていて 娘と同じような年齢の子たちに交じって コンサートに行くと「生きててよかった!」って思えるそうです。彼女は波乱万丈な人生で 色んな不幸に見舞われたのですが輝くような笑顔でアイドルのことを話す様子は本当にかわいくて素敵です。

 

 

仲間を作る

 

ひとりでも十分 楽しいし 一人の気楽さになれてしまうと 人づきあいが 煩わしくなってしまいますね。

昔からの友人と疎遠になってしまっても「向こうも忙しいし」とあきらめてしまったり 新しい友達の輪に入るのはちょっと怖かったり。

でも やっぱり 仲間とよべるくらい独立した関係の友人がいると人生は かなり楽しくなります。ひとりでは 億劫になって諦めてしまう事も ふたりでならやってみる勇気もわいてきます。

Name
まして主婦がグループになったら 最強です

私はアメリカに移住してから子育てデビューでしたので 離乳食ひとつにしてもアメリカと日本では常識が違い 不安だったのを覚えています。そんな時に同じくらいの子供を持つ日本人のママさんと知り合いになりました。お互い アメリカと日本の違いに戸惑いながら 一緒に奮闘していた時間は 今思い出しても噴き出してしまうような珍体験ばかり。おかげで子育て中の孤独感は彼女の存在で すっかりかき消され 今では楽しかった思い出しかありません。

専業主婦は 新しく仲間を作るのが難しいという話も聞きますが 似たような環境の専業主婦は たくさんいるはずです。

最近は ネットでも十分 素敵な人間関係は作れますし 自分からきっかけを作れば どこにでもチャンスはあるはず!

子供をダシにして に親子サークルに参加してみるとか 近くの趣味のサークルに入るとか。あなたと知り合うきっかけを待っている人がどこかにいるはずです。

外に気持ちを向けてみると 相手から飛び込んできたりするものです。

「人生の折々で出会う人と離れていく人がいる。離れていくのはもうその人との関係が終わったんではなくて 離れている時期で 新しい出会いのためにスキマを作ってくれてるんです。」って昔 通っていた鍼灸師の先生に言われた言葉です。

今になって「なるほど、、」とかみしめています。

Rikko
もうしばらくお会いしていませんが 鍼灸師の先生 素敵な言葉をありがとうございます!

まとめ

 

いかがでしょうか?

専業主婦のあなたも 専業主婦になりたいあなた、そして専業主婦には なりたくないあなたも 専業主婦は つまらないと思いますか?

「職業選択の自由」は あなたの手の中にあります。ちょっとした勇気を持って 1歩 踏み出すと人生の風向きは変わります。

つまらなくなったらいつでも方向転換できるのが 専業主婦のいいところ。

今日も 楽しく行きましょう!

 

 

<応援クリックをして頂けると嬉しいです>

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村


アラフォー日記ランキング
主婦のスキマ時間 - にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!